50代会社員男性が赤信号停車中の追突事故で頚椎捻挫・腰椎捻挫の診断名で交渉において赤い本の91%の慰謝料を実現した事例

  被害者属性 【性別】男 【年代】50代 【職業】会社員 【住まい】鹿児島市 【事故現場】鹿児島市 【受傷から初回面談までの期間】     事故態様 【自分】普通乗用自動車 【相手】普通乗用自動車 【事故時の状況概要】赤信号停車中に追突された   傷病・症状 【部位・症病名】頸椎捻挫、 続きを読む >>

4輪車同士の追突事故で,示談提示後に被害者請求により後遺障害等級12級が認定され,事前提示額から400万円以上増額した賠償金を獲得した事例

被害者属性 性別 男性 年代  80代 職業 無職 住まい/事故現場 北九州市 受傷から初回面談までの期間 約1年半 事故態様 自分 自動車 相手 自動車 事故時の状況概要 渋滞停止中の衝突事故 傷病・症状 部位・症病名 左母趾 自覚症状  左母趾の痛み,頸部・腰部痛 後遺障害等級 12級12号(被害者請求) 保険会社提示額 傷害慰謝料 630,0 続きを読む >>

専業主婦の追突事故について、被害者請求により後遺障害等級14級が認定され、保険会社提示額の3倍以上び賠償金を獲得した事例

被害者属性 性別 女性 年代  40代 職業 専業主婦 住まい/事故現場 太宰府市 受傷から初回面談までの期間 約20日 事故態様 自分 自動車 相手 自動車 事故時の状況概要 右折待機中の追突 傷病・症状 部位・症病名 頸椎・背部痛 自覚症状  頸部及び腰部の痛み 後遺障害等級 14級(被害者請求) 保険会社提示額 休業損害  390,000円 続きを読む >>

代車使用料

1 交通事故によって自動車が損傷し、修理もしくは買い替えが必要となった場合、修理期間、買替期間中は、代車の利用が可能です。代車の利用について、問題点をいくつかご説明します。 2 代車の必要性 仕事のために自動車を使用していた場合(通勤用や社用車など)には、代車の必要性が認められやすいと言えます。 もっとも、運送会社のように、一定数の運送用自動車を保有している会社の場合に、1台の運 続きを読む >>

信号停止中に追突され、腰椎・頚椎の捻挫の傷害を負い、併合14級の後遺障害が残った事案で、休業損害(休業期間)が主な争点となった事案

被害者属性 性別 男性 年代  70代 職業 会社員 住まい/事故現場 若松区/小倉南区 受傷から初回面談までの期間 1年3ヶ月 事故態様 自分 普通貨物自動車 相手 普通乗用車 事故時の状況概要 後方からの追突事故 傷病・症状 部位・症病名 頚椎・腰椎捻挫等 自覚症状 後遺障害等級 併合14級 保険会社提示額 総額 約185万円 獲得賠償金額 続きを読む >>

60代の自営業の女性が、センターラインを超えて侵入してきた対向車と正面衝突して大怪我を負い、併合8級の後遺障害を負った事件。裁判の結果、保険会社提示額の2500万円増の和解を実現した事例

被害者属性 性別 女性 年代  60代 職業 自営業 住まい/事故現場 小倉南区/久留米市 受傷から初回面談までの期間 3年 事故態様 自分 普通貨物自動車 相手 普通乗用車 事故時の状況概要 正面衝突 傷病・症状 部位・症病名 大腿骨骨折、下腿開放骨折 自覚症状 後遺障害等級 併合8級 保険会社提示額 総額 1052万円 獲得賠償金額 和解金 続きを読む >>

所有権留保付・リース車両の損害賠償請求者と、修理未了の損害賠償請求権の有無

まだ自動車ローンの返済途中であるにもかかわらず交通事故にあって自動車が損傷してしまいました。 Q1 車検証上も所有者ではなく使用者にすぎません。このような場合に自動車の修理代等の損害賠償請求をすることができるでしょうか。なお、自動車がリース車両の場合はどうでしょうか。 A1 できます。 ちなみに、以下のような判例があるので参考までに引用します。 「まず、被控訴人は所有権留保 続きを読む >>

40代男性が運転中に後方から追突されてむち打ち症状

被害者属性 性別 男 年代  40代 職業 会社員 住まい/事故現場 宗像市 受傷から初回面談までの期間 10ヶ月 事故態様 自分 車 相手 車 傷病・症状 部位・症病名 首,肩 自覚症状  しびれ,痛み 後遺障害等級 14級 保険会社提示額 なし 獲得賠償金額 自賠責   750,000円 解決金  3,316,281円 既払い金 1, 続きを読む >>

過失割合10:0との主張で提訴された訴訟において過失割合を逆転させ過失割合3:7で解決した事例

被害者属性 性別 男 年代  70代 職業 自営業 住まい/事故現場 北九州市 事故態様 自分 自動車 相手 自動車 事故時の状況概要 接触事故。 事件概要 中央線の表示の無い狭い2車線の道路において離合する際に依頼者車体と相手方車体が接触し依頼者に修理代約10万円、相手方に修理代約20万円が発生していた事案でした。 担当弁護士のポイント 相手から修理代全額の請求をされ 続きを読む >>

確定申告を行っていない自営業者(事業所得者)について,休業損害が一部認められた事例

被害者属性 性別 男 年代  70代 職業 自営業 住まい/事故現場 北九州市 事故態様 自分 自転車 相手 自動車 事故時の状況概要 接触事故 傷病・症状 部位・症病名 手指等 自覚症状 後遺障害等級 治療期間 獲得賠償金額 治療費,慰謝料,休業損害等 1,740,000円 事件概要 被害者は自営業者であったが,確定申告を行っていなかった。通院終 続きを読む >>